開廊50周年特別企画
-生誕100年記念 増田拓三展-


2021年10月22日(金)〜30日(土)
10:00〜18:30 期間中無休


top

「山と湖」 油彩50号
第32回(1958年) 国展入選作品

 小学生の頃、目を覚ますと隣のアトリエから明かりが漏れていた。いつ寝るんだろうと思いながら、こんなシーンを幾度も経験した。絵を描き、短歌を詠むことが何より好きだった父・拓三。その父が創業した画廊も節目の50年を迎え、あわせて生誕100年になるのを記念し、親しい方々のご協力を得て国展入選作をはじめ30余点を展覧いたします。
 ぜひご覧くださいますようご案内申し上げます。


小学生の頃、目を覚ますと隣のアトリエから明かりが漏れていた。

いつ寝るんだろうと思いながら、こんなシーンを幾度も経験した。

絵を描き、短歌を詠むことが何より好きだった父・拓三。その父が

創業した画廊も節目の50年を迎え、あわせて生誕100年になるのを記念し、

親しい方々のご協力を得て国展入選作をはじめ30余点を展覧いたします。

ぜひご覧くださいますようご案内申し上げます。

 

 


詳しくはお問い合わせください。
E-mail g-masuda@true.ocn.ne.jp
TEL 0979-82-4187